これからはVPNよりShadowsocks?

シェアする

今年に入って中国でのVPNのブロックはまたさらに厳しくなり、かなり前からあるPPTP、L2TP(IPsec)、OpenVPNも、比較的新しい接続方式であるIKEv2も、政治大会が終了した現在でもわりと頻繁にブロックされているようです。

そんな中、中国で安定して利用できる接続方式として、少し前からShadowsocksが注目を浴び始めています。

Shadowsocksとは

元々Shadowsocksは中国の一部のIT技術者のみが使用していた接続方式です。通信のポートや特徴が特定しにくいため、中国のネット規制に引っかかりにくくなっています。そのため、数年前から中国人の間でじわじわと浸透し始め、ここ最近ではこれを改良し、活用を始めるVPN業者もでてきました。

Shadowsocksは厳密にいうとVPNではなくプロキシですが、いわゆる今まで一般的に認識されてきたプロキシとは少し異なり、暗号化されたデーター通信により安全性が高くなっています。もちろんVPNと同じような使い方ができます。

shadowsocks

Shadowsocks開発者の映画のようなストーリー

Shadowsocksを開発したのは、自国のネット規制になんとか対抗しようとしたClowwindyという名称の中国人IT技術者です。中国にいるIT技術者にとって、中国のネット規制は自身の研究開発を阻む非常に悩ましいものです。そこでClowwindyはShadowsocksを開発した後、オープンソース化して他の技術者のために公開しました。自分の利益を追求する傾向の強い中国人の中にあって、彼は非常に珍しい存在であり、またこれは非常に画期的なことでした。

Shadowsocksが素晴らしいものであったことと、オープンソース化したことで、またたく間に世に広がっていき、中国当局も彼の存在に気づきます。Clowwindyがオープンソースを公表していたサイトは当局によってブロックされました。その後アフタヌーンティー事件(喝茶事件 )と呼ばれる事態が発生します。

2015年8月20日、自分の元に警察がやってきて、「開発をやめろ、開発コードは全て削除しろ」と要求されたとツイート。「いつか自由にコードが書ける国に住みたい」とも発言。

2015年8月21日、ClowwindyがTwitter上に「昨日お茶の誘いがあった。開発を続けることはできなくなった」とツイート。

2015年8月22日、「声明:二度とShadowsocksの開発には参与しません。(完)」とツイート。

そして当局に全ての開発コードの強制削除の命令と厳しい警告を受けました。その後breakwa11と名乗る女性が開発を引き継いでいましたが、やはり削除命令を受け、かなり怖い目を見たようです。現在彼らがどうしているかはわかりません。そしてオープンソースだったために少なくない人たちがバックアップをとっていたため、完全に消滅させることは中国当局にも不可能でした。こうしてClowwindyは中国でITに携わる人達のヒーロー的存在となり、ネットの自由化に貢献した人物として歴史に名を刻むかもしれないほどの存在となりました。

Shadowsocksの利点

Shadowsocks式はPPTP/L2TPに比べ、安定性やスピードが明らかに優秀です。

また携帯の場合ポイントとなるのが「省電力」です。常にVPNに接続していても、携帯を使っていない間はほとんど電力を消費しません。Shadowsocksは必要なときだけしか作動しないからです。
従来のVPNは分かりやすい様に言うと繋がった状態の電話みたいなようなもので、何も喋らなくても接続したままの状態。Shadowsocksはメールのようなもので、必要な時だけ発信/受信します。

3GからWiFiに切り替わる際の自動再接続もスムーズです。
その他、従来のVPNにつないでいると微信など中国系のソフトやサイトが遅くなる現象がありましたが、Shadowsocksはつないだ状態でもそれらが遅くなりません。海外のサイトも中国のサイトもスムーズに見ることができます。

Shadowsocksの欠点

Shadowsocksの欠点は端末に専用ソフトが必要であることです。携帯の「設定」にある「VPN」構成のところからでは設定できません。ただソフトやアプリをダウンロードしたらあとの設定はそんなにややこしくないので、そこまで問題にはならないと思います。IPsecやL2TPなどより安全性も高いので、欠点に入れるほどではないかもしれません。

shadowsocks

Shadowsocks用アプリはいくつかあります。例をあげるとiPhoneなら「OpenWingy」「SuperWingy」など、Androidなら「Shadowsocks」などです。これらはアプリ単体では使えず、有料や無料のShadowsocks用サーバーを読み込むことで使用できます。

無料であればインスタントVPN、有料であれば良之助VPNがお勧めです。

関連:
無料VPN「インスタントVPN」が登場

中国向け日系有料VPN 16サイトの紹介